insomnia

 

あの人から教えてもらった曲を

ふと、聴きたくなって一年ぶりに流す

 

insomniaって不眠症の意味なんですが、

世界で一番大好きだった人に

受験中、どんな意味か知ってる?って

出された単語がこれだった

曲もこれだった

 

未だに、思い出す

 

久しぶりに聞いたけど、あの人が

聞くような らしい歌である

 

もう戻れない、人生で一番の

大きな事で忘れられない事だ

 

 

人生において、一番の恋をした ⑵

 

大阪から帰ってきてすぐにヨーヨーに会いに行った。お土産を持って、ニコニコしながら会いに行った。ヨーヨーは、お土産を受け取ると非常に喜んでくれた。ありがとう。お家で研究課題の合間に飲むね!本当にありがとう!俺抹茶好きだから本当に嬉しい。なんて、言いながらニコニコニコニコしていたんだ。それから、私達は毎週と言っていいほど会っていた。彼は、性格も良くて、頭も良くて、暖かい家族に育てられ、よく母の話をしていた。自分と生まれ育った境遇が似ていたため、よく話していたんだ。どんな事を話しても、彼は一切否定すること無く受け入れてくれて、時には冷静に判断し倫理的に答えを返してくれた。そんな彼に、合えば会うほど惹かれていった。

 

アメリカンな内装の洋食屋で、アメリカに駐在していた頃の話をよく聞いた。小学生の頃、スペイン人の友達とヒップホッパーに憧れて、ブリンブリンのアクセサリーにでかいデニムを買いに行ってラッパーごっこをしただとか。チリ人と揉めて英語で喧嘩して、殴り合いになったとか。新鮮な話ばかりで、合っては女子のように何時間も語り尽くした。彼は、本当に頭が良かった。そのため、学業にもそこらの大学生の何倍も努力していたのを感じていた。夏休みにも関わらず、毎日研究室にこもり研究課題に励む日々。時折、研究内容についても語り明かした。彼の研究内容が、たまたま自分が所属していた物理化学部で研究していた内容だったため、丁度話がマッチしこれまたずっと語り明かした。彼といる時間はあっという間に過ぎていった。

 

ある日、自分の親友を連れて三人で居酒屋へ行った。私の好きな人だと紹介した。ここで疑問に思うだろうが、凄くオープンだった。彼は本当に恋愛感情がなかった。後に、人を好きになると面倒くさい事になるのが嫌で好きにならないようにしていたと泣きながら訴えられた。私は、彼を直したかったのであった。三人で、居酒屋で、たこ焼きを作って食べて語り明かしては、池袋の夜の街を散歩した。

 

その時だった。ヨーヨーが言ったのだ。塔を見上げて何を言うのかと思ったら、ああいう塔、おっきい塔見ると凄くドキドキするしワクワクする!写真撮ろうって言って写真を撮ってた。非常に愛らしい行動に胸を打たれたんだ。そのあと高架上を三人歩きながら、彼と廃墟の写真集の話をしたりぺちゃくちゃ話しながら、夏の風を浴びながら高架上を歩いた。電車の音に、ラブホ街のネオン、ソープ店のネオン、彼の横顔、全てが眩しかった。全てが痛いくらいに脳裏に焼き付いた。本当に楽しかった、その後バイトをして疲れては高架上から電車や線路を見下ろし、感傷に浸った。あぁ、もう居ないんだなって。

 

最後に、たこ焼きを今度デートする時は食べ行こうねって話をしてたのを思い出す。でも、実際 2人は既にたこ焼きを食べていた。そして、池袋のたこ焼き屋の前を通る度にも思い出す。

胸が痛む。体重が減ったら一緒にディズニーに行って写真を撮ろう!って言ってたことも約束も全てなくなってしまった。9/27から私の人生、いや、生活は変わり果ててしまった。未だにその人の事ばかり思い出す。ここに書ききれないくらいのたくさんの思い出があって、彼の良さは何一つ理解してもらえないかもしれない。この記事の全てが自己満だ。彼にもう1度、会えるならば教えてあげたい。あの塔は、清掃工場の焼却塔だったんだよ。と。

人生において、一番の恋をした ⑴

 

こんばんは。

何も無くなったので、文をすき放題かけます。

今回の題名、謎ですよね。

身内にしかわからないと思います。なので、今から一つずつ書いていきます。

 

8月の5日。今でも覚えている。白のTシャツにクソ暑い中の黒のスキニー。黒いコンバース。リックオウエンスのグレーのトート。黒髪に幼い顔。ニコニコしながら来た。渋谷で初めて会った。会釈を交わして、彼のオススメの理系チックなお店に連れていかれるものの年齢確認され門前払い。辿りついたのは、個室の居酒屋。水槽が後ろにあって魚がひらひら泳いでた。

その男、名前はヨーヨー(仮)とする。正直、この日で惚れてしまった。大学受験の話から、彼の大学の話、東京の話、いろんな話をした。彼はとても優しかった。初対面のただの私に、「新歓って危ない所もあるからなんかあったらすぐ言ってね!俺が飛んでいくから!」って、言ってくれた。真剣な眼差しで。真っ直ぐに澄んだ目、嘘つくことない目だった。今まで澱んできたものに触れたことがないんだろうなという感じの、純粋な目だった。純粋な目に泳がされて、気付いたらホテルに居た。

 

あぁ、またやってしまった。と思った。翌日、私は京都に行かなければならないのにも関わらず、早大生と寝てしまった。抱かれながら、本当に俺の事好きなら明日京都なんか行くなよ、一緒に居ろよって言われた気がする。彼がそんな強い発言するのは、その日だけだった。その後、妙な嫌悪感に駆られるではないか。俯きながら渋谷の吐瀉物に塗れた、ホテル街を歩いていた。私が、すねている事にヨーヨーは気付いたんだ。ヨーヨーは、肩を持って揺さぶりながら「そんなしょんぼりしないでよ。俺、梢ちゃんと会えて本当に嬉しかったし楽しかったんだよ。好きって言ってくれたのも本当に嬉しかった。けどまだ今日しか会ってない…」って言われたその時だった。何だか悲しくて泣いてしまったのだシクシクと。ヨーヨーは、困った顔をする。困り眉でぱちっとした目を困らせて、何を言うのかも思ったら「梢ちゃん、俺の事まだ何も知らないじゃん、なのに困るよ。例えば俺が英語喋れることとか知らないでしょ?俺、帰国子女なんだよ。何も知らないよね俺の事」って言われた。その通りだと思った。当時の自分を見て、今すごく馬鹿らしいなって。けれども、2人は仲直りしヨーヨーは私の宿泊先まで送ってくれたんだ。その日だけで二人の関係は終わらなかった。

鉄筋コンクリートマンションに閉じこめられる。

 

こんばんは。

日本語がおかしい帰国子女(仮)です。

布団のなかに篭って、雨のパレードのTokyOを聴きながら、京都の彼氏の家で一緒に布団に入って、聞きながら寝たことを思い出して懐かしく感じてます。

 

 

取り敢えず、悲しい気分の時は四条河原町でおりて、鴨川で立命のグループに混ざってみんなでお話ししながら日本酒飲むの。関西弁に酔わされる 鴨がいる川を眺めながら思ってた。高一のときから思ってたの。私関西に進学したいなって。関大に行きたくて猛烈に勉強した。入院するまで死ぬほどした。入院して私の頭は死んだ。センターもボロボロ、結果も破り捨てた。一般試験でもボロボロ連発して、最後の砦の希望する女子大を受けた。すんなり受かった。嬉しかった。でも、どこかさみしかったんだ。鴨川で、みんながみーちゃーん関西は良いところやけ〜〜勉強分からんかったら相談しいや。いつでも待ってるからな〜って笑顔で手を振りながら言ってたの。さみしかったんだ。関西で、大学生活を送りたかったから本当に 自分を裏切ってしまった気持ちもあって泣いてしまった。これは誰にも言ってなかった。京都が大好きで、高一から一人で年に3回は一人で行ってた。行くたびに一週間は滞在してた。暖かい料理に、暖かい人たちが大好きだ。電車に乗ると、地元の中学生がランドセルに背負われている女の子を「近くまで見送ってあげるで、きいつかんといてや、ほないっしょにいこ」って、満面の笑みで送り届けていて心が暖かくなった。暖かい人と街が好きだ。

 

私は明後日、いや、明日上京する。

両親は、気を遣って11階のオートロック、駅前1分のマンションに住まわせてくれた。家具家電も全て新品で揃えてくれた。今より断然に守られるであろうはずなのに、胸が痛い。鉄筋コンクリートのなかに閉じ込められてしまうのだ。冷たくて冷たくてわからない。父が作った暖かい木造の大きなお家、新築の二軒の家。このまえ引越しをした時より心が痛い。暖かい家族から離れるのはこんなにも辛いことなのだろうか。心が痛い。一週間前から、家を離れることが怖くて怖くてどうしようもない。情けない話だが。そのせいで恋人にも沢山迷惑をかけた。本当に本当に申し訳なかった。ごめんなさい。強くなろうって決めた今晩。何かを失うと人は強くなれるなんて言うけどさ、何かを失って悲しくならないわけなんてないんだよ。人造人間じゃあるまいし、私にも感情はあるんだよ。

 

 

グッバイ暖かい人達

ハロー冷たい街と人達よ。

 

 

20170221

 

おはようございます。

一般試験でドタバタしてて全然

更新してませんでしたん すいません。

 

最近は、結構心がしんどいです。

大学がなかなか決まらないとか、

なかなか痩せないとか。

 

ほんとうにつらい。

早く大学決めよう。試験は明後日。

詰め込めるところまで詰め込むぞ〜〜

 

春を掴みに行け

f:id:kozueyoshikawa:20170221091831j:image

思い、考えて、独りになる。

記憶力が良いことは怖いと思うときが

多々ある。

記憶力が、人と比べて良いらしい。

2,3歳の時のことを鮮明に覚えていて

その事を母に話したら、

気持ち悪がられつつも思い出してくれた。

記憶が重なりすぎて、

処理できなくなってキャパオーバーする。

 

そのためか、普通の人よりひとつの景色を

視界に入れただけで

いくつものことを思う。

ちなみに、一番好きな景色は幼きころに

住んでいた場所である。

いくつものことを重い浮かべては、

何時間も感傷に浸ることができる。

なので、一人旅行をよくする。

去年も数え切れないくらいに行った。

 

思い、考え、浸り という行為は

一人でないとなかなか行えない。

その行為を繰り返すには

一人でいるのが一番である。

一人でいることが多い。

一人でいろんなことを考えて抱えている。

 

人はあまり信じられない。

自分が友達に対して、

何も思っていなくても気づくと

ブロックされてたり。嫌味くさいことを

あからさまに書かれてたり。

あー面倒くせえなって思う。

 

信じられるのは数人の友達しか

居ないけど、それでも良いと思っている。

 

でも、心が死んでいるせいか

人のことを信じるのが怖い

信じて裏切られる人を何人も

目の前にしてきたから、怖い。

 

でも、信じないと何も始まらないらしいよ

だから、とりあえず信じてみるから

私の事も信じてほしいと思う

 

 

 

2017年の抱負

 

おはようございます。

オールナイトでオンラインの方の

予備校授業を受けてたら朝でした。

おはようございます。(2回目)

めっちゃ眠いす。

 

てことでいきますか。抱負…。(眠)

 

1.最低3~4カ国渡航

2.貯金

3.株式の更なる理解と飛躍

4.痩せる(一番大切)

5.歯列矯正する

6.韓国でSHINeeと태민を拝む

7.韓国で冷麺を食べる

8.写真と美術を復活

9.自分自身の更なる向上

10.大学合格

 

こんな感じです。

皆さんも、良い年にしてくださいね。